お賽銭っていくら入れるの?

0cbbd389b2d6e53dc56b47d15bc5eb55_s

神社仏閣に参拝した時にお賽銭箱にはいくら入れたらいいのでしょうか。

スポンサードリンク

お賽銭とは

お賽銭の「賽」とは神から福を受けた事に報いるという意味です。そして昨年の収穫に対する感謝の意味でお金ではなく、米や雑穀をお供えしていました。

したがってお賽銭は本来お願いするためではなく、昨年のお礼としてお供えするものなのです。

のちにお金が世間に流通されるようになり、中世以降からお金をお供えするようになりました。賽銭箱が置かれるようになったのは近世以降で、地域によっては長らく米がお供えされていたそうです。

お賽銭はいくらがいいのか?

お賽銭はたくさん入れると願いが叶うのでしょうか。どうやら、そうでもないようです。お賽銭に「5円=ご縁」がいいのは有名ですが、そのほかにも縁起の良い組み合わせ、逆に縁起の悪い組み合わせがあります。

5円…ご縁がありますように。

10円(5円2枚)…5円を重ねて、重ね重ねご縁がありますように。

15円(5円3枚)…「10と5円」で、十分ご縁がありますように。

20円(5円4枚)…「4と5円」で、よいご縁がありますように。

25円(5円5枚)…「20と5円」で、二重にご縁がありますよう。

30円(5円6枚)…安定と調和のとれたご縁がありますように。
(6の付く六角形に安定と調和をもたらす意味があるため。)

35円(5円7枚)…再三ご縁がありますように。
※悪い意味で「散々なご縁にあってしまう」という考え方もあるようです。

40円(5円8枚)…八の字が末広がりなため「末広にご縁がありますように」。

45円(5円9枚)…「4と5円」で、「終始ご縁がありますように。

50円(5円10枚)…「5円×10枚」で、五重の縁がありますように。

55円(5円11枚)…「5=いつつ」で、いつでもご縁がありますように。(「午後=55」に投げる。)

65円(5円13枚)…「ろくなご縁にあわない」というネガティブな意味。

スポンサードリンク

75円(5円15枚)…「泣くようなご縁にあってしまう」という、ネガティブな意味。

85円(5円17枚)…「8と5円」で、矢継ぎ早にご縁をうけられる。

95円(5円19枚)「9と5円」で、苦しいご縁にあう。

105円(5円21枚)…「10と5円」で、十分にご縁がありますように。
※「当分ご縁がない」というネガティブな意味もあるようです。

115円(5円23枚)…「115」で、いいご縁がありますように。

125円(5円25枚)…「12と5円」で、十二分にご縁がありますように。

415円(5円83枚)…「415」で、よいご縁がありますように。

485円(5円97枚)…「4方+8方+5円」で、四方八方からご縁がありますように。

お賽銭は5円玉がいいのか?

お賽銭に5円玉を使うと縁起がいいと言われています。「穴あき銭は穴があいているから見通しが良い」と考えられているからです。一方で「穴からご縁が抜けてしまう」というネガティブな考えも少数ながらあるようです。

018569

5円玉以外では、10円玉が「遠縁(とおえん)」を意味し、また500円硬貨は「これ以上効果(硬貨)がない」という意味で、よくないとされています。

1万円は「万円」を逆にして「円万=円満」ということから「円満に通ず」という意味になるそうです。お札の場合は、新札を白い封筒に入れるといいそうです。

関連記事

神社とお寺の参拝方法の違い
御朱印のもらい方と御朱印帳の使い方

まとめ

お賽銭に5円玉がよいとされているには、このような意味があったのですね。単なるゴロ合わせと思うか、そこに願いをかけるかは、お参りする方の心次第のようですね。

スポンサードリンク

コメントでお話しましょう。 (Leave a Reply)

Trackback URL

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑