CITICORP(シティコープ)のトラベラーズチェック換金方法

DSCN7602

CITICORP(シティコープ)のトラベラーズチェックを日本円へ換金する方法です。

スポンサードリンク

トラベラーズチェックとは

トラベラーズチェックは、旅行や出張の際に多額の現金を持ち歩かなくて済むように発行された外国へ旅行する人のための小切手で旅行小切手などとも呼ばれていました。万一、紛失や盗難にあった場合でも再発行をしてもらうことができたり、両替する際も為替レートが現金よりも良かったりと、便利で安心して使用できるため多くの人が利用していました。

しかし、クレジットカードなどの普及により、最近ではほとんど需要がなくなりました。日本で唯一販売していたアメリカンエクスプレスも2014年3月31日に販売を終了してしまいました。

CITICORP(シティコープ)のトラベラーズチェックの換金

1999年(平成11年)にオーストラリアへ行く際にシティコープのトラベラーズチェックを購入しました。使い残った200ドル(AUD)分のトラベラーズチェックが残ったままになっていました。

当時は次に行ったときに使えばよいと考えていましたが、再度訪れる機会もなく、そうかと言ってサインした私以外は使用できないので譲渡もできず、結局日本円へ換金することにしました。

購入したときの領収書が残っていたので、購入した銀行に連絡するとトラベラーズチェックの換金はしていないとのこと。簡単に換金できると思っていたので驚きました。

それで仕方なく外貨を扱っている銀行にあちこち電話して聞いてみたところ、換金は行っていないと言われ、換金ができる銀行も「アメリカンエクスプレスのであれば」と言われました。

「小切手」であるにも関わらず現金にすることができず、とにかく色々調べてみました。そして、やっとわかったのが「シティコープ」のトラべラーズチェックはシティバンクで換金できるということです。

スポンサードリンク

家から最短のシティバンクを調べていたら、『シティバンク銀行のリテール事業は、2015年11月1日を以ってSMBC信託銀行に統合されました。SMBC信託銀行は、統合したリテールバンク事業を新しいブランド「プレスティア」として継続しています』ということでした。

結論:CITICORP(シティコープ)のトラベラーズチェックの日本円への換金は「PRESTIA(プレスティア)」でできる (2015年11月現在)

20151106_144310

この看板が目印です

16年前に購入したトラベラーズチェックが無事現金化できました。換金の際には身分証明書が必要です。あと、日本円で10万円以上になる場合は電話連絡をしてから銀行へ伺ったほうが良いそうです。

トラベラーズチェック購入

現在はトラベラーズチェックを購入することはできません。現金を持ち歩かないためにはクレジットカードを利用するのが良さそうです。

クレジットカードが心配な方は「海外用プリペイドカード」がいいかもしれません。日本国内で入金をしておき、現地のATMで引き出せます。クレジットカードではありませんから、使いすぎるということもありません。

そして、クレジットカード同様に買い物もできますし、出国後に日本からの追加入金も可能なので、家族からの送金手段としても使えます。留学生におすすめです。

海外専用プリペードカード

関連記事

外国硬貨(コイン)の処分方法

まとめ

古いトラベラーズチェックを保管したまま忘れていませんか。換金できる銀行が少なくなっているので可能なうちに現金化しておくことをおすすめします。

スポンサードリンク

コメントでお話しましょう。 (Leave a Reply)

Trackback URL

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑