【死海の恵みバスソルト】材料と作り方(シトラス&フローラル)

DSCN8831

メディカルハーブガーデンの体験講座で「死海の恵みバスソルト」を作ってきました。

スポンサードリンク

死海の恵みバスソルト材料

埼玉県飯能市にあるハーブガーデンで手作りバスソルト作りを体験してきました。

死海の恵みバスソルト「シトラス/フローラル」

【材料】
・死海の海(マグネシウム)150g
・バスソルト 150g

~シトラス~
・グレープフルーツ精油 12滴
・ジュニバー 6滴
・マリーゴールド ひとつまみ
・ターメリックパウダー ミクロスパーテル3杯

~フローラル~
・ラベンダー精油 10滴
・ゼラニウム精油 8滴
・マロウブルー ふたつまみ

死海の恵みバスソルトの作り方

【作り方】

  1. ジッパー式ポリ袋にそれぞれのバスソルトを量り入れる。
  2. 精油を入れ、全体に混ざるように振る。
  3. ドライハーブ(シトラスの場合はターメリックパウダーも入れる)を入れ、更によく振る。
  4. 容器に移し替える。

今回はフローラルを作ってみました。

DSCN8823

「バスソルト」と「死海の塩」

DSCN8835

「バスソルト」と「死海の塩」を150gずつ袋に入れます。

DSCN8837 ラベンダー精油10滴、ゼラニウム精油8滴をバスソルトに入れて袋ごとよく振ります。

スポンサードリンク

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポイント】精油は瓶を45度位に傾けて静かにたらします。
(瓶を振るのはNGです)

DSCN8845

マロウブルーをふたつまみ入れて袋を振って更に混ぜます。

DSCN8848

瓶に移します。

DSCN8830

完成です。

【注意事項】
・使用期限は1ヶ月以内です。
・お肌に合わない場合は、ご使用をお控えください。
・ハーブを使用した入浴剤の場合、ハーブが浴槽やタイルに付くと色素が付着することがありますので、入浴後は完全に取り除き、浴槽を早めに洗浄してください。

関連記事

メディカルハーブガーデン【埼玉県飯能市】
リネンウォーターってなに?どんな風に使うの?
エッセンシャルオイルの歴史と日本名(和名)
ハーブ、アロマオイル、エッセンシャルオイル(精油)の違いとは?
掃除におすすめのエッセンシャルオイルとは?効果と使い方

まとめ

材料さえ揃えれば、あとは混ぜるだけで簡単にバスソルトが作れます。ちょっとオシャレな夏休みの宿題にもいいかもしれません。

スポンサードリンク

現在コメントは受け付けておりません。

Trackback URL

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑