与那国島の穴場『4畳半ビーチ』と『6畳ビーチ』ってどこにあるの?

日本の最西端の島「与那国島」にある『4畳半ビーチ』と『6畳ビーチ』は、どこにあるのでしょうか。

スポンサードリンク

与那国島の『4畳半ビーチ』

『4畳半ビーチ』は町役場から歩いて10分のところにあります。墓地の中にあるので場所を知らない人には見つけるのが困難です。お墓といっても沖縄の場合は家のような造りのお墓なので、墓地という感じがしません。『4畳半ビーチ』は外洋が近く波が入りやすいので透明度は低いですが、熱帯魚を見ることができます。ウミガメに遭遇することもあります。

道なりに左へ150mほど進みます。

左折するとこのような道に出ます。

墓地が見えます。

車から降りると、4畳半ビーチが見えてきます。

歩いて降ります。

ここが浜辺です。

与那国島の『6畳ビーチ』

『6畳ビーチ』は「祖内」の役場から約2kmのところにあります。『6畳ビーチ』と呼ばれていますが、実際の広さは6畳より大きくなることもあります。潮の干満によって広さが変わってしまうので、満潮時は避け、6畳以上になる干潮時に訪れるといいでしょう。断崖絶壁を約30m下った先にあるので、手袋と脱げない靴を着用します。ビーチサンダルなどでは怪我をする危険性があるので、充分な準備をして出掛けてください。

ここが目印の電柱です。
以前は「R13/34」と番号の書いてある札があったようなのですが、取れていました。(2016年8月現在)

 

左手前の隅に左折する道があります。

↓この道です。

スポンサードリンク

まっすぐ進みます。

 

どんどん進みます。

 

まだまだ進みます。

 

ここで道が終わります。

 

右側に車が2~3台停められるスペースがあります。
後から来た人の邪魔にならないように、ここに車を停めておくといいです。

ここからは歩きます。

 

原っぱの向こうに海が見えます。

 

上からのぞいてみます。

 

おー、見えました!

 

浜辺が見えます。

サスペンスドラマに出てきそうな断崖絶壁です。

関連記事

与那国島の「島料理 海響(いすん)」でドキュメンタリー映画「老人と海」に想いを馳せる
与那国島の「長命草(ちょうめいそう)」の食べ方と効果
与那国島の日本最西端「西崎(いりざき)」・ 断崖絶壁「東崎(あがりざき)」
与那国馬に出会える「南牧場」、景勝地「立神岩・軍艦岩」
与那国島でお洒落な夕日を撮影できるスポット「ダンヌ浜」
与那国島のロマン溢れるスポット「海底遺跡」でダイビング体験
【ダイバー必見】与那国島行き飛行機の荷物は何キロまでOK?
与那国島名物、クバ餅の上手な食べ方
与那国島の島内や空港で買えるお土産

まとめ

与那国島の『4畳半ビーチ』と『6畳ビーチ』は、あまり知られていません。ほとんど人がいないので、まるでプライベートビーチのような場所です。行き方が難しくたどり着けない場合もあります。事前によく調べて天気の良い日に行くようにしましょう。

スポンサードリンク

現在コメントは受け付けておりません。

Trackback URL

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑