与那国島でお洒落な夕日を撮影できるスポット「ダンヌ浜」

与那国島で夕日を撮るなら、あまり人の来ない「ダンヌ浜」という隠れスポットがおすすめです。

与那国島の日の入り時間

日本で最西端の島、与那国島。ということは、日本で一番最後に日が沈む、日本で一番最後に夕日を見ることができるのが与那国島ということです。なので日がすごく長いです。私が行った8月中旬は19時10~20分が日の入りでした。

お店の情報とか見てると「午前○時~日の入りまで」と書いてあるところがあって、「えっ?そんなに早く閉まっちゃうの?」ってなるんですが、日が長いからそれでいいんですね。納得でした。

与那国島でお洒落な夕日を撮影できるスポット「ダンヌ浜」

夕日は見れないかなと思ってたのですが、夕食のお店までダイブショップの人が送ってくれて、ついでに夕日を見に連れていってくれました。

与那国島の夕日スポットといえば西崎だと思うのですが、さすが地元民。「ダンヌ浜」というちょっと隠れスポットであまり人がいないところを紹介してくれました。場所は空港と西崎のちょうど間ぐらいです。

ダンヌ浜

シュノーケルやサーフィンしてる人たちもいました。

ここの穴場ポイントは、とてもお洒落な夕日写真が撮れる場所があることです。

こちらです。

カメラを引くとこんな建物です。

よく見ると「公衆便所」と書かれています。

突然、お洒落な感じがなくなります・・・

スポンサードリンク

与那国島は海水温が高いので低い位置に雲がかかっていることが多いんです。なので気づきにくいのですが、与那国島の夕日は水平線に沈むのではなく、台湾に沈むのです。台湾を目視できなくても、そこに台湾があるのがわかるんです。面白いですよね。

夕日と雲と台湾

雲のラインが太陽でくっきり照らされて、すっごい綺麗でした。
下の赤いラインは沈む夕日が雲と台湾の間に一瞬見えて出来たものです。

与那国島で夕日を面白く撮影する方法

一度はやってみたい夕日の撮影方法「夕日をつまむ」です。

まるで宝石みたい!

綺麗な夕日を見かけたら、与那国島でなくても是非試してみてください。

関連記事

与那国島の穴場『4畳半ビーチ』と『6畳ビーチ』ってどこにあるの?
与那国島の「島料理 海響(いすん)」でドキュメンタリー映画「老人と海」に想いを馳せる
与那国島の「長命草(ちょうめいそう)」の食べ方と効果
与那国島の日本最西端「西崎(いりざき)」・ 断崖絶壁「東崎(あがりざき)」
与那国馬に出会える「南牧場」、景勝地「立神岩・軍艦岩」
与那国島のロマン溢れるスポット「海底遺跡」でダイビング体験
【ダイバー必見】与那国島行き飛行機の荷物は何キロまでOK?
与那国島名物、クバ餅の上手な食べ方
与那国島の島内や空港で買えるお土産

あとがき

旅行先で見る夕日は、普段と違って格別な思いがあることでしょう。日本で一番最後に日が沈む与那国で、素敵な夕日を思い出に収めてください。

スポンサードリンク

現在コメントは受け付けておりません。

Trackback URL

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑