与那国島名物、クバ餅の上手な食べ方

2

与那国特産のクバ餅は食べ方にコツがあります。クバ餅を上手に食べる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

与那国島「クバ餅」とは

クバ餅は与那国島の伝統的な特産品の1つで、クバ(ビロウ)の葉に餅を包んで蒸したものです。数百年前から与那国島で作られていて、祭事や祝いの席で食べるものでした。

豊年祭りでは白い餅を使いクバの紐を解いた状態で供えます。現在は与那国島の特産にするために改良し、紅芋や黒糖、長命草を練り込み特製のクバ餅になりました。

与那国島「クバ餅」の上手な食べ方

ちょっとレンジでチンするのがベター。上の方を縛ってある紐(葉っぱの一部)を外して開くと下の写真のとおり。

3

4

縦に三つ折り、上下に二つ折りで包んであって、上の写真だと左側の、この縦三つ折りの中にお餅があります。

悪い例

これを上の写真のように開いて食べるのは、通ではありません。

正しくは、葉っぱを割いて剥がして、お餅がくっついている葉っぱだけにします。

6

 

こんな感じ。

そうしたら、お餅を外側にして、葉っぱを結びます。

8

スポンサードリンク

 

9

そうすると不思議!端っこからお餅が自然と剥がれてきます。

10

 

11

 

12

これを端から食べつつ、結び目をきつくしていくとまた剥がれてきて、それを食べて…の繰り返し。

13

ご馳走さまでした。

関連記事

与那国島の穴場『4畳半ビーチ』と『6畳ビーチ』ってどこにあるの?
与那国島の「島料理 海響(いすん)」でドキュメンタリー映画「老人と海」に想いを馳せる
与那国島の「長命草(ちょうめいそう)」の食べ方と効果
与那国島の日本最西端「西崎(いりざき)」・ 断崖絶壁「東崎(あがりざき)」
与那国馬に出会える「南牧場」、景勝地「立神岩・軍艦岩」
与那国島でお洒落な夕日を撮影できるスポット「ダンヌ浜」
与那国島のロマン溢れるスポット「海底遺跡」でダイビング体験
【ダイバー必見】与那国島行き飛行機の荷物は何キロまでOK?
与那国島の島内や空港で買えるお土産

あとがき

味は黒糖、紅芋などがあります。私は両方食べたけど、黒糖がオススメ。お餅の固さは、お正月のびろーんと伸びるお餅って感じではなくて、歯応えのあるウイロウぐらいの食感で大変美味。与那国空港ターミナル内で販売しています。

ラベルには黒糖、紅芋両方書いてありますが、実は片方しか入っていません。袋の口を止めているタグの色で分けているようですが、どこにも書いてないので、お目当の味がある場合には必ず定員さんに聞いて買いましょう。
1

スポンサードリンク

現在コメントは受け付けておりません。

Trackback URL

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑