【手作りアルバム作成】写真枚数に合った台紙の選び方

友人の誕生日プレゼントに手作りアルバムを作成しました。写真枚数に合った粘着式(貼り付け式)台紙の選び方、あると便利な小物をご紹介します。

写真枚数に合った台紙の選び方

アルバムを買うときに悩むのが、何ページあれば写真が全部貼れるのだろうかということではないでしょうか。あるいは逆に、そのアルバムには何枚の写真を貼ることができるのかを知りたいと思うのではないでしょうか。

プレゼント用の手作りアルバムを作成するときに、先に写真が用意できているのなら、貼る前に一度全て並べてみると台紙が何枚必要なのかがわかります。あまり考えずに買ってしまうと足りなくなったり余ったりしてしまいます。特に撮影した順に貼ろうとすると、思っている以上に枚数が必要になるので面倒でも一度並べてみたほうが確実です。

私はざっくり決めたため、後で台紙が足りなくなり、114枚の写真のうち結局9枚ほど写真が貼れなくなってしまいました。(フエルアルバムL版台紙12枚を使いました)

このようなことにならないために、1枚の台紙に写真が何枚貼れるかを書いておきます。

  • ●台紙サイズ/298mm×288mm(Lサイズ)

フエルアルバムに写真を貼るときのレイアウトです。

【写真サイズ:L版(L判)127mm×89mm】

このサイズの台紙で注意しなければならないのが、横並びにしようとすると重なってしまうことです。

横に並べると重なってしまいます。

横並びで3枚

縦2枚、横3枚

1ページに3枚から5枚貼ることができます。

しかし、貼ってみるとわかるのですが、縦の写真と横の写真の枚数が思うように合いません。なので、思っているよりも台紙の枚数が必要になってきます。

  • ●台紙A4サイズ(226mm×298mm)

次にA4サイズの台紙を使った場合です。(ダイソーで買いました。1袋に6枚台紙が入っています)

横並びで3枚入ります。

縦に並べると4枚入ります。

手作りアルバム 用意するもの

アルバムを作成するには、まずどんなアルバムの台紙を使うのかを選びます。簡単に作成するなら差込式のものにするとよいでしょう。

スポンサードリンク

自由度の高い編集をするのなら粘着式の台紙を使用します。フエルアルバムを使うとページ数も自由に決められます。(フエルアルバムはビスで台紙を留めるタイプのアルバムです)

  • ●アルバムと台紙

フエルアルバム本体(台紙8枚入り)と追加の台紙(4枚)

ビスで台紙を留めます

 

  • ●付箋(ふせん)やシール

セリアで購入した付箋(ふせん)やシール

他には日付やコメントを書くのに付箋やシールなどを用意します。100円ショップのセリアに可愛い小物が揃っています。

ダイソーで購入した色画用紙。10色が2枚ずつ入っています。

色画用紙には、目次やメッセージを書きます。

手作りアルバム用の写真印刷

友人との旅行の思い出の写真15年分から選び出したら全部で114枚の写真になりました。

さすがに家で印刷するには多いので近所の写真屋さんに頼もうと思ったのですが、すぐ近くにはなかったのでネット注文しました。

夜中に注文したら、その日の夕方には「発送しました」とメールが来て2日後には受け取れました。(どこもお盆でお休みだったので、助かりました)

届いた写真です。しっかりとパックされていました。

プラスチックの容器に入っています。(裏面)

 

横から見るとこんな感じです。

ネットでカンタン写真プリント【Tプリント】

あとがき

実は最初はフォトアルバムを作ろうとしたのですが、使いやすいソフトの店が見つかりませんでした。しかも、どこのお店もお盆休みで出来上がりが3週間以上かかる状態。時間を掛けて編集することもできず断念。やむなくアナログで作成することにしました。

久しぶりにアルバム編集をしましたが、子供のアルバムを作っていたときを思い出し結構楽しく作ることができました。

スポンサードリンク

現在コメントは受け付けておりません。

Trackback URL

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑