クレジットカード付帯の海外旅行保険のメリット、デメリット。

creditcard

クレジットカードに付帯している海外旅行保険はどの程度カバーしてもらえるのでしょうか。
メリット、デメリットについてまとめてみました。

スポンサードリンク

クレジットカードの旅行保険メリット

一番のメリットは年会費無料のクレジットカードに保険が付帯していることでしょう。旅行の出費が少しでも軽減できます。

また系列の違うカードを複数持っていれば「傷害死亡」、「傷害後遺障害」に関してはお手持ちのクレジットカードの補償金額が一番高いものが適用されますが、それ以外の補償に関しては補償金額を合算することができます。

ただし、この時に注意しなくてはならないのはカードには「自動付帯」と「利用付帯」があることです。
「自動付帯」はカードを持っているだけで保険が適用されますが、「利用付帯」の場合は旅行代金や航空券代などをクレジットカードで支払わないと適用されません。空港までのタクシー代をカードで支払ったというような場合は適用されないことがあるので注意が必要です。

お手持ちのカードの利用条件を良く確認してみましょう。

クレジットカードの旅行保険デメリット

・医療費の立替え
一番の困るのは海外の医療機関で治療を受けた場合、医療費を一旦立て替えなくてはならないということでしょう。海外での医療費は高額なので、クレジットカードの限度額を越えてしまい支払いができないということも起こるので注意が必要です。

海外旅行保険に加入していれば、医療機関で海外旅行保険証券を提示すると、医療費を立替える必要がなく、病院から保険会社に直接医療費の請求が行きます。この点が海外旅行保険とクレジットカード付帯保険の大きな違いでしょう。

スポンサードリンク

(※但し、一部のクレジットカードでキャッシュレスで治療を受けられるものもあります。クレジットカード会社の海外サポートに連絡すれば提携している病院を紹介してもらえる場合もあります。)

・日本政府の命令で帰国する場合
滞在先でテロが起きたり、SARSのような深刻な伝染病が蔓延した場合、日本政府の命令で帰国することになります。この場合の帰りのチケットは日本政府が負担してくれるわけではないので、自分で再度手配しなくてはなりません。海外旅行保険に入っていれば、帰国後に補償を受けることができます。

・疾病死亡
病気を患いながら旅行すること自体が危険なことです。

・緊急歯科治療費用
段差などで転んで歯が欠けてしまった場合の緊急治療などにも海外では高額の医療費が掛かります。

・現地で借りた自動車で事故を起こしてしまったときの対物や対人補償
国際免許証をお持ちであれば現地で自動車を借りて観光することもできますが、必ず現地の自動車保険に加入した方がいいです。

・航空機遅延費用
搭乗予定の飛行機が、一定時間以上出発が遅れた場合や運休・欠航した場合などで、代替機に一定時間以内に搭乗できなかった場合などに発生する航空機遅延費用が補償されません。飛行機の遅延等で足止めされたことによって、支払うことになったホテルの宿泊代や食事代、ホテルまでの交通費なども補償されません。

・航空機寄託手荷物遅延費用
飛行機が目的地に到着してから一定時間経過しても、搭乗時に預けた手荷物が目的地に運搬されなかった場合に支払われる航空機寄託手荷物遅延費用が補償されません。衣類や洗面道具など生活に必要な物の購入に掛かった費用も補償されません。

(※航空機遅延費用、航空機寄託手荷物遅延費用が適用されるカードも一部あります。)

まとめ

海外ではどんなトラブルに巻き込まれるかわかりません。クレジットカードの付帯保険よりも海外旅行保険に加入しておいたほうが良さそうですね。空港で加入すると高額なので、事前にインターネットで手続きしておくと安く済みます。

スポンサードリンク

コメントでお話しましょう。 (Leave a Reply)

Trackback URL

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑