スキューバダイビングに必要な道具ってなに?

diving

スキューバダイビングを始めたばかり、あるいはこれから始めようと思っている人は何を揃えたらいいか迷ってしまいますね。揃えたほうがいいもの、レンタルでいいものなどを紹介します。

スポンサードリンク

主に軽器材と重器材とスーツという3種類のものを全て含めてダイビング器材と呼びます。

ダイビングショップによってはライセンスを取りにいっただけなのに、あれもこれも買わせようとするお店があります。最初から、なんでもかんでも買うのではなく最初はレンタルを利用しながら少しずつ揃えていくのが理想です。

ライセンスを取得して、ダイビングに慣れてきたらひとつひとつ増やしていきましょう。

揃えたほうがいいもの

・マスク
サイズが合わないと水が入ってくることもあります。よくサイズを確かめましょう。視力が弱い人にはレンズを入れて眼鏡のように使うこともできます。マスク用の曇り止めも必要です。貸してくれるお店もありますが、ないところも。ちゃんと曇り止めしないとせっかくの海が曇って良く見えなくなります。

・スノーケル
水面を移動するときに使う器材です。サイズが合わないとあごが痛くなることがあるので、こちらも自分に合うものを選びましょう。水の抵抗を受けにくいデザインや、上部からの水の浸入を防ぐ加工がしてあるものもあります。

マスクとスノーケル

マスクとスノーケル

・フィン
ストラップを使うものと素足に履くブーツタイプがあります。素材もプラスティック、ゴム、ウレタンなどがあります。重いほうが水中で安定しやすいですが、脚力や耐久性などから選びましょう。

・ブーツ
フルフットフィン用のソックスタイプ、くるぶし丈のもの、ショートブーツタイプなどがあります。実際に履いてフィンを着用し、違和感のないものを選ぶようにしましょう。

・グローブ
ダイビング中の冷えを防止したり、思わぬものを触って怪我をするのを防止します。スプリング・サマー用の薄手のものと、ウィンター用の厚手のもの2種類持っていると便利です。水中で写真を取る人用に滑り防止付きで指先を動かしやすいグローブもあります。

グローブ

グローブ

・ダイブコンピューター
通称「ダイコン」と呼ばれ、水深、潜水時間、潜水可能時間を計算して表示する機器です。腕時計タイプとゲージタイプとがあります。安全にダイビングを楽しむためには持っていた方がよいでしょう。

ダイブコンピューター

ダイブコンピューター

・メッシュバッグ
濡れてもいいもので、自分の軽器材と重器材(借りた場合も)をひとまとめになくならないようにするためのものです。

スポンサードリンク

・ウエットスーツ
【ワンピース】長袖・長ズボンで、すべて一体になったスーツです。
【シーガル】ワンピースの半そでのタイプで、上にジャケットなどを組み合わせて使います。
【ロングジョン】ワンピースのノースリーブのタイプで、シーガルのように上にジャケットなどを組み合わせて使います。

ウエットスーツの厚さは圧迫感の少なくコンパクトで持ち運びに便利な3ミリ、保温性が高く対応範囲が広い5ミリ、それ以上になると6.5ミリなどがあります。

最初はレンタルの方がよいもの

いわゆる『重器材』と呼ばれるものはレンタルの方がよいでしょう。手入れが大変で怠れば命取りになります。軽器材もそうですが重器材はダイビングではなくてはならない器材です。

・レギュレーター
ダイバーがタンクから空気を吸うためのマウスピースです。BDに空気を入れるためにタンクを中継します。その他にもドライスーツやゲージとの中継にも使います。

・BD(BCD)
水中で浮力を調節するジャケットのようなものです。
背中から脇の下に空気が入るショルダーベルトタイプが主流です。

あった方が便利なもの

・水中ライト
ケーブダイビング(洞窟を潜る)やナイトダイビングには必需品の水中ライト。昼間でも水中で生物観察の際に役立ちます。

・ダイバーナイフ
緊急時にロープや釣り糸を切ったりする時に使います。
また柄の部分をタンクに当てると大きな音がするのでコミニケーションや緊急時の合図などにも使われます。

・ハウジング(水中用カメラケース)
ダイビング風景や水中生物を撮影するカメラがあるとダイビングの記録を残せます。
ハウジングは、一般のカメラを入れる水中用のケースです。ハウジングは全てのカメラに対応しているわけではないので、カメラを購入する際はハウジングがあるカメラかよく調べてから買いましょう。

ハウジングを使って撮影する場合、何かの拍子にカメラを水没させてしまう危険性もあるので、あまり高額なカメラは避けた方がいいです。

ハウジング(カメラを入れた状態)

ハウジング(カメラを入れた状態)

・ログブック
ダイビングの記録をつけるためのものです。ダイバーは必ずログをつけます。あとでステップアップ時の証明にもなりますし、データだけでなく、見た魚や出会った人など自身のダイビングの想い出も残せます。ライセンス取得時にもらえますが、様々なデザインのものが売っているので、自分で好きなものを使うのがお勧め。できればライセンスカードをログと一緒にしておけるケースもあった方が便利です。

・防水バッグ
ボートなどで濡れて困るもの(タオルとか携帯とか)を入れておくのに便利です。

・ラッシュガード、パーカー
水着の上に着るもの。そのままウェットを着て潜れるものは寒さ対策にもなります。日焼け避けにもなりますし、海から上がった後は冷えているので上着はあった方が無難です。

▼関連情報

スキューバダイビングを始めたい。まず、なにから始めればいい?
減圧症ってなに?治療法と予防法について。

まとめ

新しいことを始めると、次から次へと欲しいものが増えていってしまいますが、本当に必要かよく考え、どんなものがあるか調べてから購入するようにしましょう。ダイビングはお金のかかるスポーツです。5年先、10年先に自分はダイビングをやっているのだろうか冷静に考えてみましょう。

スポンサードリンク

コメントでお話しましょう。 (Leave a Reply)

Trackback URL

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑