冷え症の改善方法。気をつけるべきことはなに?

hiesyo

冷え症の原因を知って改善しましょう。

スポンサードリンク

冷え症とは

冷え性とは、周りの人が寒がらないのに自分だけ寒いと感じることです。気温の低下に対して体温調節ができなくなり、体の表面の温度が下がり、熟睡できないなどの日常生活に支障をきたします。

冷え性は手足の先や背中の辺りなどの局所的に皮膚温度が低下することで、体温が下がることではありません。

冷え症の原因

冷え症の原因は血管に作用する自律神経の機能が乱れや、血管が細くなり血流が低下してしまうからと考えられています。

特に女性に多く、卵巣の働きが密接に関係しており、生理中や生理後の10日間ぐらいや更年期の女性に多くみられます。

冷え性には甲状腺や副腎ホルモンの異常や動脈の閉塞などの病気が背景にあることもあります。

スポンサードリンク

ほとんどの場合、女性特有のホルモンに対する自律神経の反応異常によりおこります。そのため、頭痛、肩こり、腰痛などの症状を伴うことも少なくありません。

冷え症の予防方法

・食べ物
冷たいアイスやジュース、生野菜、果物などの大量摂取は避け、身体を温める食品(ショウガやネギなど)をバランスよく食べるようにしましょう。

・お風呂
寝る前に38~40℃くらいのお湯にゆっくりつかると、手足の血のめぐりがよくなります。
みぞおちまでつかる半身浴、くるぶしまでお湯につける足湯もおすすめです。

・服装
靴下の重ねばきや、毛糸の下着などの工夫をして冷えから守りましょう。しめつけの強い下着は血液の循環が悪くなるので避けましょう。

・運動
血行をよくするウォーキングやストレッチなどの適度な運動を心がけましょう。

・室温
過剰な冷暖房の元では、体温調節が狂いがちです。
できるだけ、室内と気温の差は5℃位にしたほうがいいでしょう。

まとめ

冷え性は女性だけでなく、男性にも多いそうです。体の冷えは健康そのものに影響を与えるので冷え性かなと思ったら改善するようにしたいですね。

スポンサードリンク

コメントでお話しましょう。 (Leave a Reply)

Trackback URL

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑