精神不安の原因は腸にある!?

082990

自分ではコントロール出来ない「落ち込み」「不安」「イライラ」の精神不安の原因は、腸内のバランスを整えることで解決するかもしれません。

スポンサードリンク

精神不安の原因

人間関係、仕事の悩み、体調の悩み、将来への不安など現代は悩み多き時代です。
また理由がはっきりしないのに不安になる、ちょっとしたことでイライラする、やる気が出ないなど、どうにもコントロールできないという方は多いのではないでしょうか。

近年の研究で、その原因のほとんどが日々のストレスであることがわかりました。

ストレスを受け続けていると、誰もが「うつ病」になること、さらに慢性的なストレスが認知症の原因にもなることが示唆されています。心理的ストレスにより脳の記憶を司る「海馬」という部分の神経細胞が破壊され、脳が萎縮してしまうことは臨床で確認されており。うつ病や認知症との関連性も研究が進んでいます。

精神不安の本当の原因は「腸」にある!?

近年、そのストレスに関して興味深い研究結果が発表されました。内容は「ストレスを受けると腸内フローラが悪玉菌優勢になる」というものです。腸内フローラルとは、腸内に生息しているさまざまな細菌の生態系のことです。

糖尿病、がん、アレルギーといった病気や肥満、老化など、身体のあらゆることに関係しているとされており、その機能が次々と明らかになってきています。テレビでも特集したことがあるので、ご覧になった方も多いでしょう。

番組の中でも示唆に富んだ実験だったのが、活発で好奇心旺盛なマウスと非常に臆病なマウスの腸内細菌を入れ替えたところ、臆病で優柔不断だったマウスが突然大胆で活動的になり、逆に活発だったマウスは臆病になってしまったというものです。

スポンサードリンク

この実験を行ったカナダのマクマスター大学医学部の教授によると「我々は、うつ病患者に腸内環境に良い影響を及ぼす腸内環境に良い影響を及ぼす腸内細菌を投与することで、不安やうつが改善するという結果も得ました。さらに言えば、腸内フローラを変えることで、人間の性格や行動もある程度変えられるでしょう」とのこと。

世界中で国家プロジェクトとして進んでいる腸内フローラの研究によって、今後わたしたちの健康問題が次々をクリアになるかもしれません。

腸内フローラを改善する「NS乳酸菌」

ストレスや加齢によって悪玉菌優勢に傾いている腸内フローラを乳酸菌などの善玉菌を送り込むことによって善玉菌を優勢にすることができるそうです。乳酸菌の中でも「NS乳酸菌」がおすすめです。

NS乳酸菌と他の乳酸菌やヨーグルトの違いは通常の乳酸菌の50~100倍の超大型乳酸菌であるということです。

「眠たくても眠れない」「睡眠が浅い」「起きられない」などの睡眠の悩み、睡眠障害の原因の大部分が「ストレス」です。NS乳酸菌を摂取し腸内フローラを善玉菌優勢にすれば心が安定するだけでなく、睡眠の悩みの解消にも期待が持てます。

腸は第二の脳

脳は「考える器官」として第二の脳と呼ばれています。その証拠に腸の働きは「脳」の支配から独立しており、脳死状態になっても、腸は栄養分を吸収し、不要なものは排泄できます。

ストレスやプレッシャーで痛くなるのは脳ではなく「腸」です。我々の精神は、脳よりも腸と密接ということです。また、脳内の神経伝達物質である「セロトニン」の95%が腸で作られているという研究報告もあり、「脳よりも腸のほうが賢い」という専門家もいます。

まとめ

腸内フローラが悪玉菌優勢だと脳がストレスを感じます。NS乳酸菌を摂取することで脳内のストレスが解消します。

NS乳酸菌はサプリメントとして売られていますので薬が苦手な方でも安心して摂取できますね。穏やかな心で日々を送るために取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

コメントでお話しましょう。 (Leave a Reply)

Trackback URL

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑