ゴーヤの栄養素

478544f851fccbcdadbecf190283b87b_s

沖縄や九州南部で古くから食べられていたゴーヤ。どんな栄養素があるのでしょか。

スポンサードリンク

ゴーヤは夏バテ解消におすすめ

夏の野菜としてすっかり定着したゴーヤ。ゴーヤに含まれる豊富な成分はビタミンCです。

夏は暑さや睡眠不足など何かとストレスが多くなります。ストレスを感じると、ストレスに対抗するホルモンが体内で育成されます。このときにビタミンCを使います。

つまり、ビタミンCはストレス緩和に欠かせない成分なんです。ゴーヤ1本にレモンの約3個分のビタミンCが含まれているといわれています。暑さにに弱い方は積極的に摂るといいですね。

スポンサードリンク

このほか、ゴーヤ独特の苦味の成分をモモルディシンと言い、食欲増進の働きがあります。また、疲労解消に役立つビタミンB郡も含まれています。夏バテは人によって症状がさまざまですが、ゴーヤの複数の働きでしっかり対策できますね。

ゴーヤの成分

ゴーヤの注目すべき成分と効果

・ビタミンC
夏バテ、夏風邪、肌トラブル、老化

ゴーヤのビタミンCは加熱しても壊れにくいので、いろいろな献立に使うことができます。

・モモルディシン(苦味成分)
食欲不振、高血糖、高コレステロール

・ビタミンB1
夏バテ、疲労

・カリウム
むくみ、高血圧

※肝臓機能が低下している人はカリウムの摂取は注意が必要です。

おいしいゴーヤの選び方

・イボにハリとツヤがあり、密集しているもの
・鮮やかな緑色をしている
・ずっしりとして重いもの

を、選ぶようにしましょう。

まとめ

ゴーヤはエコ対策の緑のカーテンてしても人気がありますね。夏バテ対策とエコ対策の一石二鳥で、ゴーヤを育ててみませんか。

スポンサードリンク

コメントでお話しましょう。 (Leave a Reply)

Trackback URL

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑