水素水には、どんな効果がある?

86d87163e8760a76e7600f20a576e5f3_s

医療現場からも注目されている「水素水」。いったいどんな効果があるのでしょうか。

スポンサードリンク

水素水の効果

水素水とは、高濃度の水素を溶かし込んだ水のことです。水素は科学的に酸化と糖化を防ぐ働きがあり、疲れにくくなったり美肌のためにも良いようです。

現在の日本では、介護や入院なしで長生きする「健康長寿」大きな課題になっています。そんな中で水素水は健康長寿を叶える重要な存在として注目されています。

医療機関での活用事例としては肩こり、腰痛、関節痛、糖尿病、動脈硬化などの治療に取り入れています。また関節リウマチ、パーキンソン病の症状の改善が報告されています。その他、歯周病の予防やコレステロールの低下が確認されています。

水素水で肝臓の破壊を食い止める

2011年以降、人間ドックで見つかる異常の1位は「肝機能」です。中でもお酒による肝臓へのダメージは気付かぬうちに蓄積されてしまっています。肝臓は代謝や解毒、排泄など生きていくうえで欠かせない働きを500以上も担っている大切な臓器です。まさしく私たちの生命活動を支えている「肝(きも)」といえる存在です。

肝臓機能障害とは、この肝臓が破壊されてしまう病気です。肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれ、障害が発生しても自覚症状がなく、気付いたときには重度の肝硬変になっていたという例も少なくありません。

なかでも近年急増しているのが肝臓に中性脂肪がたまる「脂肪肝」です。脂肪肝を放置すると「肝炎」→「肝硬変」と重度化し、最終的には「肝臓がん」にまで至ります。

肝機能を低下させる要因のひとつに「活性酸素」があります。活性酸素は通常の酸素よりも強い酸化力を持ち、善玉と悪玉の2種類が存在します。

善玉活性酸素は体に良い影響を及ぼしますが、悪玉活性酸素は肝臓内の中性脂肪と結びつき、肝炎の悪化や肝硬変を進行させる原因にもなると考えられています。

活性酸素はアルコールを分解する際に大量発生することがわかっており、飲酒は活性酸素発生の原因のひとつとされています。悪玉活性酸素を減少させることは肝機能改善の第一歩といえます。

スポンサードリンク

悪玉活性酸素を除去し、肝機能を改善させる成分として注目されているのが水素です。「水素が健康に良い?」と驚かれる方も多いでしょう。理科の授業でおなじみだった水素が健康に関与することがわかったのは最近のことです。水素の健康作用が論文で発表されてから研究が急速に進むようになりました。

水素の働きで特筆すべきは活性酸素の除去作用です。活性酸素を除去する作用を持つ成分であるビタミンCやβ-カロテンは善玉活性酸素も一緒に除去してしまいます。しかし、水素は体に良い影響を与える善玉活性酸素には影響を与えずに、悪玉活性酸素だけを除去することがわかっています。

水素水で老化を予防する

肌のシワ・たるみ、疲れがとれない、もの忘れ、足腰が弱った、生活習慣病など、年齢を重ねるたびに老化を感じている方も少なくありません。老化を遅らせたいと願うのは人類永遠のテーマともいわれています。

しかし近年の医療業界では、それが可能といえるほどに研究が進んでいます。近年の研究の結果、老化の原因とわかったのは①酸化(サビつき)②糖化(コゲつき)が主なものです。

「酸化」とは、クギがさびついたり、リンゴの切り口が変色するように、肌や体の細胞が変化するといいます。これは体内の酸素がストレスなどの影響で「活性酸素」(悪玉の酸素)に変わり、細胞をサビたような状態にするのです。私たちの体にはもともと、酸化を防ぐ「抗酸化力」が備わっていますが、これは40代頃から急激に弱まることがわかっています。40代頃から「老化」を感じる方が多いのはそのためです。

一方「糖化」とは、体内の余分な糖がタンパク質にとりついてコゲた状態になり「AGEs(エイジス)」という老化に原因物質になることです。これら酸化と糖化により、全身を形づくる細胞のひとつひとつが傷つけられることで肌や体のさまざまな部位が衰えてしまうのです。

つまり酸化と糖化を防げば老化は遅らせることができるということです。そこで現在は医療の現場でも「水素水」が活用されているのです。水素は科学的に酸化と糖化を防ぐ働きがありアンチエイジング素材として注目されています。

水素水の選び方

水素水の効果を得るために大切なのが水素水に含まれる「水素」の量です。国内における水素水の権威、分子状水素医学シンポジウムでは「水素水」の定義を、水素を0.08ppm以上を含むものとしています。これは生体に作用するために必要な量であり、水素水の商品を選ぶ際の基準になります。

また水素は宇宙でもっとも小さな分子のひとつであるため、通常の容器ではどんどん外に逃げてしまいます。容器は水素を守り、流出させないように工夫されたものを選びましょう。

まとめ

年齢を重ねてもサビつかない毎日のために水素水が強い見方となってくれそうですね。

スポンサードリンク

コメントでお話しましょう。 (Leave a Reply)

Trackback URL

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑