肉割れの原因と治し方

metabolic_woman[1]

肉割れができてしまったら、どのようにすればよいのでしょうか。

スポンサードリンク

肉割れとセルライトの違い

・肉割れとは
肉割れは皮膚に縦の筋のようなものが出来ることをいいます。急激に太ったり妊娠中にできやすいです。
妊娠中にできた肉割れは「妊娠線(ストレッチマーク)」とも呼ばれています。出来てしまった肉割れは治すことが難しいので、出来るまえに皮膚をやわらかくするクリームをつけてマッサージをしたりするなどしてケアをする必要があります。

・セルライトとは
セルライトは足や太ももなどにできる凸凹の脂肪細胞のことです。脂肪細胞が繊維状のものに包まれ、カプセル状になってしまったものが複数個くっついて巨大化したものです。皮膚の表面からみると、オレンジの皮のようにみえることから「オレンジピール」とも呼ばれています。ホルモンの量やむくみ、冷え性などが原因でできます。

肉割れができる原因

妊娠中に起こる肉割れ(妊娠線)は、よく知られていますが、成長期にも肉割れは起きます。あるいは中年になってからも男女関係なく起こる症状です。

スポンサードリンク

特に若いときは、急激に身長が伸びたときや、運動をして過剰に筋肉が鍛えられ体が成長したときにできやすく、また思春期の女の子が胸の急成長により、胸に肉割れができてしまう場合もあります。

大人の場合は急激に太ったときや、座ったままの姿勢で仕事をするなどの血流が悪くなる場合にできることがあります。

肉割れの治療方法

肉割れに炭酸ガスを使う最新治療方法があります。海外では10年以上も前から妊娠線の治療として実績のある施術法です。やけどや傷跡の消すために利用されています。レーザー治療に比べて料金も安くリスクも少ないです。美容大国である韓国でも取り入れられているそうです。

施術の方法は、炭酸ガスを皮下脂肪に注入し血液中の酸素を放出させ代謝を促します。ガスの力で皮膚を浮かせることによりコラーゲンが急増します。皮膚の組織というのは開いた隙間を埋めようと自然にコラーゲンが増えるので皮膚が再生されるのです。ただ、炭酸ガスを注入するときに痛みを伴い、一時的に腫れたりすることもあります。

レーザーや炭酸ガスの治療に抵抗がある場合は、クリームなどの専用の治療薬を塗って保湿をすることで、あまり気にならなくなるようです。

ベルタマザークリーム

まとめ

成長期や妊娠、急激な体の変化によってできてしまう肉割れ。気になる場合は早めのお手入れで対処しましょう。

スポンサードリンク

コメントでお話しましょう。 (Leave a Reply)

Trackback URL

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑