美味しいアイスワインの選び方

IMG_1802

高級ワインとして人気の高い「アイスワイン」の美味しい選び方について書いています。

スポンサードリンク

アイスワインとは

ドイツのフランコニアで予想外の霜に見舞われ、放置されて凍ってしまった熟したブドウを処分することができず、そのブドウでワインを造ったところ、甘みが強く芳醇な香りのワインになりました。これがアイスワインの始まりです。

完熟して果糖分の高くなったブドウが寒さによって果汁が凍結し、その実を凍ったまま搾汁したために水分が氷として残って果糖分が凝縮され、濃厚で強い味わいになりました。この製法では、ブドウ1房からとれる量はスプーン1杯といわれています。生産性が低く希少性が高いので高級ワインとされています。

このワインは一部の貴族が好んで愛飲するようになり「貴族のワイン」とも呼ばれ、のちにオーストリアでも生産されるようになりました。そして、より安定してアイスワインを製造できる土地を求めて、ドイツのワイナリーがカナダに移住し、カナダでも生産されるようになりました。

美味しいアイスワインの選び方

アイスワインという名称は、ドイツ、オーストリア、カナダ産のものに限り許された名称です。近年ではヨーロッパは温暖化の影響を受けアイスワインの生産量が急減しています。唯一安定した状態で生産できているのはカナダ産のものになるそうです。

カナダ産のワインには、カナダワイン協定(VQA)が認めた認定マークが付いているので良質なアイスワインだということがわかります。日本製のアイスワインが売られていますが、国際商標登録されていないので厳密にいうとアイスワインとは呼べません。

アイスワインのプレゼント

クリスマスや誕生日のプレゼントにぴったりなアイスワイン。
関連商品も含めて紹介します。

●おすすめアイスワイン
ペラー・エステート・APシグネチャー・アイスワイン・ヴィダル VQA 2013】
アジア最大のワインの祭典「ジャパン・ワイン・チャレンジ」で『最優秀スウィートワイン』を獲得し、さらに多数の金賞及びトロフィーを受賞している世界一の美味しさをもつ至宝甘口ワイン。

味は香りのままの甘さで期待を裏切りません。爽やかなリンゴやはちみつの濃い甘さ。でも、のどごしさっぱり。食事には向きませんがアイスやババロア、ティラミス、果物などのデザートと一緒にどうぞ。

>>アジア最大級のワインコンテストで[最優秀スウィートワイン]獲得!!凍結したブドウひと房からス…

●アイスワイングラス
濃厚な甘さのアイスワインは舌の中央で味わうのが最もよいとされています。リーデル社のアイスワイン専用グラスはダイヤモンド型の形状で、ワインをうまく舌の中央に運んでくれます。

スポンサードリンク

●アイスワイン・チョコレート
カナダで収穫された赤ぶどう酒から作ったアイスワインをチョコレートで包んだ贅沢なデザート。

アイスワインの赤と白

アイスワインは通常、白ワインの品種で造られます。天然の甘さになるアイスワインは、赤ワインからは出来ないといわれてきました。赤ワインの赤い色は果皮を摘出したブドウ原液を一緒に醸造させるため独特のしぶみが生れます。そのために美味しいアイスワインは白の品種からでないと造れないといわれていたのです。

DSCN7522

しかし、近年ではカナダで赤ワインを製品化しています。白のアイスワインを凌ぐほどの高いレベルに仕上がった製品もあります。色は若干薄いですが赤独特の香りも出ています。

アイスワインは赤と白どちらが美味しいかというと、もちろん好みがありますが、白よりは赤の方が適度な甘さです。

関連記事

ボジョレーヌーボーの美味しい飲み方と賞味期限

まとめ

偶然から生れた希少価値の高いアイスワイン。試飲用に小さいボトルが売られていますので、お好きなものを見つけてくださいね。

スポンサードリンク

コメントでお話しましょう。 (Leave a Reply)

Trackback URL

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑